お知らせ

2019年11月18日月曜日

12月の行事予定

 ≪月例行事≫

 12月  1日(日) 夜7時30分~ 本妙寺 お題目講
 12月  7日(土) 夜7時30分~ 正法寺 お題目講(大黒供養祭)

 12月 21日(土) 午前10時 ~ 東京池上お題目講





※12月 7日のお題目講は、大黒供養祭と併せて行う為、本堂に於いて執り行いますので、お間違いのないように宜しくお願い申し上げます。

 ※上記の諸行事につきましては、檀信徒さんに限らず、どなた様でもご自由に参加
 できます。不明な点は正法寺までお気軽にお問い合わせください。















大黒供養祭の案内

お祀りするご仏像に魂を入れましょう!

毎年12月7日夜7時30分より、正法寺本堂に於いて、大黒供養祭を執り行います。当日は各家庭、会社、店舗に奉られている大黒様・恵比寿様をお持ち頂き、伝統の古式に則り、一体一体を丁寧に沐浴供養いたします。この行事は年納にあたり、お祀りする仏像に一年間の家内安全・商売繁盛などの守護に感謝し、新年に向けてお清めする行事です。どなた様でも参加できます。

星★祭お札の申込案内

例年の星祭を奉行いたします。善星皆来・悪星退散、令和2年の幸運を導きましょう。
どうぞ家族や友人お誘いの上、御参詣ください。尚、当日の特別祈祷は、午前中のみに限らせていただきます。又、お札の申し込み期間は、11月1日~1月10日までです。

※星祭り札の申し込みについて※

新年暦、申し込み用紙をお持ちでない方はお寺に用意してあります。
必ずFAXか用紙に記入して御申し込み下さい。電話での申し込みは御遠慮下さい。
1月10日までにお申し込みの御札には、毎日お堂にてお経が上がります。
           

除夜の鐘・新年初祈祷のご案内

 大晦日の夜、荘厳な梵鐘の響きの中、
行く年の心の垢を払い、清浄な心で新年を迎えましょう。

本年も除夜の鐘・新年初祈祷を厳修いたします。皆様の参詣をお待ちしています。鐘とともに一年の溜まった煩悩を打ち落として、新しい年の初頭にあたり、神仏に自己や家族の隆昌を祈願し、令和2年
の幸運を迎えましょう。正法寺では、人数の制限なく、参詣者全員が除夜の鐘、初祈祷が受けられます。御家族や友人お誘い合わせの上、御参詣ください。

● 除夜の鐘 -夜11時30分~ 鐘楼堂

● 新年初祈祷-夜0時00分~ 鬼子母神堂


★お知らせ

その1、
本年も鐘楼堂前にて、先着108名様に、干支根付を授与します。

その2、
境内では甘酒の接待、門前では露店の出店があります。

その3、
駐車場は、表門前、清水佛殿前、北側新駐車場をご利用ください。



2019年11月17日日曜日

寒中修行のご案内

正法寺では、新年1月6日より31日まで、毎晩夜7時より「寒修行」を行います。

「寒修行」とは、寒の入り(小寒)から節分までの約30日間。
一年で最も厳しい時節、寒苦に耐え忍んで修行することです。
温暖な時期と比較して忍苦の度が大きく、その功徳も多大であるとされます。

この時節は、「蘇生の時節」とされ、一年の鬼門(北東)にあたります。
仏教では仏と成る為の「菩薩行」を説きます。菩薩の行いとは、「自行化他」(他に求めるばかりでなく、まず自らが変わり、その姿形を通して、自然と他を導いていくこと)です。自身を見つめ直し、変えるに良い機会です。自己の心身を錬磨し、一年の「無病息災」や「家内安全」を祈りましょう。


当山の寒修行は、お題目を唱え、団扇太鼓を叩きながら、行脚をする修行です。

毎晩約30~40分歩きます。良い体力作りにもなります。
どなたでも自由に参加できますので、動きやすい服装で、手袋などの防寒具を備え、夜7時までに鬼子母神堂前にいらしてください。毎晩、約30名~40名の方々が参加されます。一日でも数日間でもかまいません。一般の皆様も参加されています。お気軽にご参加ください。
と き   1月6日~31日、毎晩7時~
場 所   鬼子母神堂前に集合
持ち物  動きやすい服装、手袋や帽子などの防寒具、行衣(お持ちの方)。
※休止日があります。
※太鼓は正法寺で御貸しします。

星祭祈祷会の案内

  

日時 令和2年 2月 1日(土)
水行 午前8時~
 

例年の星祭を奉行いたします。善星皆来・悪星退散を祈祷し、令和2年年度の幸運を導きましょう。どうぞ家族や友人お誘いの上、御参詣ください。尚、当日の特別祈祷は、午前中のみに限らせていただきます。又、お札の申し込みは、1月10日までにお願いします。


●水行-朝8時~   於 水行場
大勢の荒行を出た僧侶により、心身を清める水行を行います。水行は朝8時からの1座のみです。

●抹茶接待-水行後~ 於 書院 
当日は抹茶の接待をしております。お気軽に立ち寄りください。


●境内や門前では露店の出店などあります。

●星祭祈祷会-水行後~午前中  於 鬼子母神堂
荒行を出た僧侶大勢で、参詣者に特別祈祷をいたします。



    ※星祭り札の申し込みについて※

新年暦、御札申し込み用紙をお持ちでない方は當山に用意してあります。
必ずFAXか用紙に記入して申し込み下さい。電話での申し込みは御遠慮下さい。尚出来るだけ1月10日までに申し込み下さい。又、「お焚き上げ」は星祭の御札のみに限らせて頂きます。
殊にダルマ・熊手・縫いぐるみ等は条例で「お焚き上げ」が出来ません。                                        

2019年8月19日月曜日

鬼子母神大祭のご案内 

正法寺鬼子母神大祭  9月7日(土)
'苦難ん押し越し鬼子母神'


★本年の大祭概要

○特別祈祷、午後6時半~9時 鬼子母神堂
古来から大祭縁日は一年で最も、その守護神の御威光が発揮されるといわれます。当日は鬼子母神様を御開帳し、大勢の僧侶による祈祷を行います。どなたも自由に受けることができます。


○抹茶接待、午後7時~9時 書院
当日は琴の音の中で、正法寺茶道会による、抹茶の接待がございます。どうぞ皆様でお気軽にお越し下さい。

○フードブース・露店 
本年も門前や境内において、たくさんのフード類や露店が出店いたします。

○お楽しみイベント  
小中学生の皆様には文具菓子類、参詣者には冷たいお飲み物を無料配布しております。夜8時より花火の打ち上げがあります。他にも忍者ショーなどの楽しいイベントを予定しています。

★タイム
スケジュール                                
○午後5時半~  露店の出店、各イベントの開始
○午後6時半~  特別祈祷の開始
○午後7時~    抹茶の接待
○午後8時~    花火の打ち上げ
○午後9時~    最終の祈祷になります


★お知らせ
その1、 鬼子母神大祭の開帳札は大祭当日のみお求め頂けます。記念品等が付いております。当日の受付にて千円以上「お志」にて授与しております。

その2、 鬼子母神各種の御守御符も、当日受付にて授与しております。鬼子母神堂横にある、御神木からザクロの種を使用した大変貴重な御符守りです。当日のみ千円以上「お志」、大祭限定の鬼子母神さまの御朱印付です。

その3、 当日の駐車場は、昭和町民体育館になります。




その他の鬼子母神大祭の詳細は公式サイトをご覧下さい。
公式サイト http://www.shoboji.jp/  

押越鬼子母神様のご縁起  

●日時  苦難を押し越し鬼子母神
令和元年9月7日(土)

●由来  正法寺の鬼子母神様
「子育て鬼子母神」「微笑み鬼子母神」などと称され、古来より篤く信仰されています。

●奉安300年
享保元年(1716)申年3月17日。平成28年に奉安300年の祝年を迎えました。

當山の鬼子母神は、江戸時代中期の大洪水により、上流より流されてきた鬼子母神像を当時の村人が拾い上げ、お寺に奉られました。通常の鬼子母神像は、鬼形と言われ、鬼の怖い姿形をされていますが、當山の像は、子供を抱いて笑みを浮かべるめずらしい形像をしています。以来「子供の神様」として、子授けや安産祈願、発育や学業の成就、さらには信仰者の守護神として、古来から多くの霊験談が伝わり、篤く信仰されています。殊に9月7日は「大祭縁日」として、各地から大勢の参詣者が訪れます。大洪水という苦難を
自らの力で押し越した、とても力強い神様なのです。
苦難の多き当今ですが、皆様参詣を頂き、鬼子母神様の力強い御利益を賜りましょう。


2019年3月8日金曜日

春彼岸会大法要のご案内


まもなく春のお彼岸を迎えます。先祖や恩有る人に感謝を捧げると共に、自らも精進して心身の健康に努めましょう。当日は参列者一同で、各家先祖代々への追善供養をはじめ、納骨堂内を廻り回向、新ペット墓の開眼法要と生類供養を行います。檀家以外の方も焼香参列できますので、お気軽にお詣り下さい。

日 時 平成31年 3月21日(木) 春分の日

午後1時~春彼岸会・お施餓鬼法要
            納骨堂内廻向・ペット供養墓開眼式 

場 所 正法寺・清水仏殿 ※本堂とお間違えのないようにお願い致します。


 
 

2019年2月4日月曜日

星祭★祈祷会

2月1日(金)、正法寺の年間最大行事の一つである星祭★祈祷会が厳修されました。午前8時より僧侶による水行、午前8時30分~午前11時まで星祭祈祷が行われました。又、門前では露天商の出店、書院では抹茶接待などが行われました。当日の模様は山日YBSワイドニュースでも放送されました。本年の皆様方の善星皆来・悪星退散を心より御祈念申し上げます。合掌








 

寒中修行

 
1月6日小寒より31日まで、毎晩7時より寒中修行が行われました。毎晩約40~60名の方々が参加され、本年は18名の皆様に皆勤賞がお寺より授与されました。この寒中修行は正法寺のお題目信仰を象徴する修行で、地元の大切な信仰文化であります。本年も地域の皆様方のご理解ご協力をいただきまして、道中事故なく満行することができました。厚く御礼申し上げます。どうぞ来年は皆様も奮って参加いただき、文化伝承を一人でも多くの方に担って頂きたく存じます。合掌









日帰り団体参拝

1月26日(土)正法寺では、総勢40名にて市川市中山法華経寺と大田区池上本門寺へ参拝いたしました。参拝後は品川区のホテルにて新年会を催し、檀信徒の親睦をはかりました。





2019年1月1日火曜日

除夜の鐘・初詣

大晦日夜十一時半より、参詣者の皆様により除夜の鐘が打ち鳴らされました。新年0時からは新年初祈祷が行われました。境内では甘酒接待、門前では露店商の出店などがありました。本年は天候にも恵まれて大勢の参詣者で境内が賑わいました。

新年明けましておめでとうございます。皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成31年己亥 元旦